光造形3Dプリンター購入予定

瞑想で使ってた苔テラリウムというか苔盆栽が、完全崩壊したので、新しいのを作ろうと思って居る。

今度は30cmキューブ水槽に作る。んで、そこに神殿風のオブジェクトを置こうと思っている。しかし、今の手持ちの3Dプリンターで綺麗に印刷するのは難しい。そこで精密さで定評のある光造形3Dプリンターを購入しようと考えている。
以前調べた時には廃液処理などで面倒が多かったのであるが、今はだいぶ解消されている模様。なら、と言うわけだ。できれば5万以下にしたいのだが、果たしてどうなるか。

ちょっと直接では無いけども魔術関連と言うことでここに書いた次第。

崩壊寸前?の苔テラリウム 2021/01/27撮影

生命の木、その後

昨年末、生命の木を3Dプリンタで作った。大きさを変えて数パターン。一つは友人に譲った。その後、背後の柱も作ったので、100均のショーケースなんかを使い、綺麗に飾る予定だったのだが。色々と上手く行かず生命の木は保存用のジップロックの中。
これじゃいかんということで、とりあえず、魔術武器などを置いてる場所に安置してみた。
柱は脇に置いてるけどそのうち……。そのうち……。
裸で置いてるので定期的に掃除したりしなきゃな。こういうのはちゃんとベールで隠すべきなのは分かってるんだけど。ホントすまん(誰に?)

飾られた(?)生命の木と柱(右下)

苔盆栽と3Dプリンタの組み合わせ

先日、またもや3Dプリンタが壊れてしまい。また新しいのを買った。今度はANYCUBIC MEGA-Sである。ちょっと頑張った。

そこから怒濤の印刷ラッシュ。ほとんどは規制している甥っ子のためにおもちゃをThingverseから印刷したのだが。

先日の生命の木の他にも幾つか魔術関連のも印刷している。苔盆採用の柱と鳥居もそれだ。

ヤキンとボアズに見立てた柱

こうして見ると鳥居の存在感が凄い。現在は柱を立てて何かの瞑想の役に立てようとしている。

結構役立つ。柱をちょこっと立てているだけなのに、そこが領域であると言う認識がはっきりとする。