人間の拡張:フェロモンから超意識体まで

人間の拡張:フェロモンから超意識体まで

はじめに

人類の歴史は、自らの限界を超えようとする絶え間ない試みの記録とも言えます。現代社会において、この「人間拡張」の概念は、生物学的な基盤から精神的・技術的な領域まで、多岐にわたる形で議論されています。本稿では、フェロモンの影響から始まり、いじめ問題、意識の拡張、そしてAIと魔術の融合まで、一見異なるトピックを結びつけながら、人間の可能性と課題について考察します。

1. フェロモンと人間社会

人間を含む多くの生物は、フェロモンを通じて互いに影響を与え合っています。これは単なる生物学的現象ではなく、社会的相互作用にも大きな影響を及ぼしています。

  • 感情の伝染:ストレスホルモンの放出が周囲の人々にも影響を与える
  • 集団の雰囲気形成:フェロモンが集団全体の情緒的な状態に影響を与える可能性

この視点は、人間を個体としてではなく、環境と相互作用する複雑なシステムとして捉える「ホロビオント」の概念とも関連しています。フェロモンによる相互作用は、より高度な意識の拡張への第一歩と見ることもできるでしょう。

2. いじめ問題:群れ生物としての人間の「バグ」

いじめは、群れ生物としての人間が持つ複雑な社会的行動の一側面と捉えることができます。この「バグ」は、肉体を持つ生物である限り完全な解決が困難である可能性があります。

なぜ肉体を持つ生物である限り完全な解決は困難か

  1. 生物学的本能:

    • 群れの中での社会的階層の確立や資源の分配に関連する本能的行動が、現代社会でもいじめという形で表出する。
    • コードウェイナー・スミスの「アンダーピープル」のように、遺伝的に組み込まれた行動パターンの変更は容易ではない。
  2. 感情と身体反応の結びつき:

    • ストレスや恐怖、攻撃性などの感情が身体的反応(ホルモン分泌など)と密接に結びついている。
    • グレッグ・イーガンの「ディアスポラ」で描かれるような、完全にデジタル化された存在でない限り、これらの反応を完全に制御することは難しい。
  3. 個体間の物理的相互作用:

    • 肉体を持つ存在である限り、物理的な力関係や空間的な制約が生じる。
    • これは、アーサー・C・クラークの「幼年期の終り」で描かれるような、超能力を持つ存在になるまで解決が困難。
  4. 感覚入力による認知バイアス:

    • 視覚や聴覚などの感覚入力が、他者に対する先入観や偏見を形成する。
    • ウルスラ・K・ル・グインの「闇の左手」のように、性別のない社会でさえ、他の形態の差別が生じる可能性がある。

3. 人間の意識の拡張

いじめ問題の根本的解決や人間性の向上のために、意識の拡張が必要とされています。

なぜ意識の拡張が必要か

  1. 共感能力の拡大:

    • 他者の感情や経験をより深く理解することで、いじめのような行動を抑制できる。
    • オクタヴィア・バトラーの「異形」シリーズで描かれるような、異種間の深い共感と理解が可能になる。
  2. 集合意識へのアクセス:

    • 個々の意識を超えた集合的な意識にアクセスすることで、個人間の対立や偏見を超越できる可能性がある。
    • アーサー・C・クラークの「幼年期の終り」やコードウェイナー・スミスの作品に見られるような、高次の意識状態の実現。
  3. 自己認識の深化:

    • 自身の行動や思考パターンをより客観的に理解することで、負の行動を制御しやすくなる。
    • フィリップ・K・ディックの「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」で探求されるような、自己と他者の境界についての深い洞察。
  4. 現実認識の拡張:

    • 物理的な制約を超えた認識が可能になれば、物理的な力関係に基づくいじめなどが意味を失う可能性がある。
    • スタニスワフ・レムの「ソラリス」で描かれるような、人間の認識を超えた存在との交流の可能性。
  5. 創造性と問題解決能力の向上:

    • より高次の思考や創造性により、社会問題に対する新たな解決策を生み出せる可能性がある。
    • アイザック・アシモフの「ファウンデーション」シリーズにおける「第二ファウンデーション」のような、高度な精神能力を持つ集団の実現。

4. 「人類補完機構」と「アリシア」:超意識体への道

コードウェイナー・スミスの「人類補完機構」とE.E. “ドク” スミスの「レンズマン」シリーズにおける「アリシア」は、人類の進化と意識の拡張という共通のテーマを持っています。両者の比較は、人間拡張の究極的な形態について深い洞察を提供します。

「人類補完機構」と「アリシア」の類似点

  1. 超越的存在:

    • 両者とも、人類の進化の最終段階として描かれる超越的な存在や組織。
    • 個々の人間の意識を超えた、より高次の意識体として機能。
  2. 進化の指導:

    • 「人類補完機構」は人類の進化と運命を管理・指導する。
    • 「アリシア」は宇宙の進化を導く存在として描かれる。
  3. 精神能力の極限:

    • 両者とも、テレパシーや時空を超えた認識など、極限まで発達した精神能力を持つ。
  4. 倫理的ジレンマ:

    • 個人の自由と全体の利益のバランス、進化の過程で生じる犠牲などの問題を提起。
  5. 宇宙規模の影響:

    • 地球や人類だけでなく、宇宙全体の運命に関わる存在として描かれる。

これらの概念は、人間の意識拡張の究極的な姿を示唆しています。個々の人間の意識が融合し、より高次の存在へと進化する可能性を探るものです。

5. 科学的アプローチと魔術的アプローチの融合

人間の拡張、特に意識の拡張を目指す上で、科学的アプローチと魔術的アプローチの融合が注目されています。

科学的アプローチ:

  • 脳-コンピューターインターフェース(BCI)
  • 人工知能との融合
  • 仮想現実(VR)技術
  • 神経科学的手法による脳機能の強化

魔術的アプローチ:

  • 瞑想や儀式を通じた意識状態の変容
  • 象徴体系の操作による高次の現実へのアクセス
  • エネルギー操作や意識の投射技術

両アプローチの融合:

  1. 科学的検証:

    • 瞑想や儀式的実践の効果を脳画像技術などで科学的に検証。
    • マインドフルネス瞑想の効果に関する研究はその一例。
  2. テクノロジーによる伝統的実践の強化:

    • バイオフィードバック技術を用いた瞑想の効果向上。
    • VR技術を利用した儀式的空間の創出。
  3. AIによる魔術的知識の体系化:

    • 古代の魔術的テキストや象徴体系をAIで分析し、新たな洞察を得る。
    • パターン認識技術を用いた占星術や数秘術の再解釈。
  4. 量子物理学との接点:

    • 量子もつれや観測者効果など、量子物理学の概念と魔術的世界観の類似性の探求。
    • 意識が物質世界に与える影響の科学的検証。
  5. 神経可塑性と魔術的訓練:

    • 魔術的実践が脳の構造や機能に与える長期的影響の研究。
    • 神経科学の知見を取り入れた新しい魔術的訓練法の開発。

結論:多面的アプローチの必要性

人間の拡張を考える上で、生物学的側面(フェロモン)、社会的側面(いじめ問題)、技術的側面(AI)、そして精神的側面(魔術)を総合的に考慮することが重要です。これらの異なる視点を統合することで、人間の可能性と限界についてより深い理解が得られるでしょう。

「人類補完機構」や「アリシア」のような概念は、人間拡張の究極的な姿を示唆しています。しかし、そこに至る道のりには多くの倫理的、技術的、そして哲学的な課題が横たわっています。

科学と魔術の融合は、これらの課題に対する新たなアプローチを提供する可能性があります。両者の知見を統合することで、意識の本質や現実の性質についての理解を深め、人間拡張の新たな方法を見出せるかもしれません。

最終的に、人間拡張の探求は、単なる能力の向上だけでなく、人間とは何か、そして我々はどのような存在になりうるのかという根本的な問いへの答えを探る壮大な旅なのです。この旅路において、科学と魔術、理性と直観、個人と集合、そして物質と精神の調和を見出すことが、真の人間拡張への鍵となるでしょう。

テレズマイラストを儀式実践に利用したら

昨日今日とテレズマのイラストを使っての日課を行ったのだけども、かなりしっくりきた。
エレメンタマギカやモダンマジックのものとは違う。特に背景。まぁでも日本人らしい物だし、自分の所在地に近い風景があるのでやりやすい。星幽体投射でも近所を浮遊したりするのでそれに沿ってもいる。

後3体のテレズマも以前書いた物を描き直して利用したい。

その次は精霊王、タロットなどと広げていきたいね。

自力で作れる物は何でも作って、自分の世界を構築する。

正当派とはずれてしまうがまぁよかろう。

ラファエルのテレズマ

ラファエルのテレズマをフリーのペイントソフトのKritaにKrita-ai-diffusionという拡張機能があるんですが、それを使って描いてみました。

できたのは以下のもの。

プロンプトを出たばかりのClaude3.5Sonnetと一緒に作り、いくつかのモデルを駆使しながら描きました。大枠を自分で描いて、AIに整形させてとそれを繰り返していって形にした感じですね。

描いたときのタイムラプスは以下の通り。

今回は以下のような依頼の文書をClaude3.5Sonnetに読ませて相談。

依頼内容

ユーザーが提示する条件に沿ったStableDiffusionプロンプトを生成する

主題

ラファエルのテレズマ

目的

黄金の夜明け流魔術師であるユーザーが、儀式などで使うための画像を生成する。

構想

ユーザーは「エレメンタマギカ」が提示する伝統的かつI∴O∴S∴独自解釈のテレズマ像から外れたい。
伝統的なイメージを重視しつつ、日本在住でソロ魔術師であるメリットを最大限に活かしたい。
また、通常の四大天使像より若干、四大元素的な描写を取り入れたい。
つまり、背景には日本的風景かつラファエルのイメージを崩さない背景として、春の田植えが終わったばかりの田園と山々を取り入れたい。

理想とする画像の主要な要素(例:天使、風景、光の効果など)

天使

  • ラファエル
    • 葬送のフリーレンのようなエルフ像
    • 大きな一対の翼(色はAirにふさわしいものを)
    • Airの魔術武器である黄色のダガー

風景

  • 水田
    • 田植えが終わったばかり
    • 涼やか
  • 山脈
    • 急峻
    • 遠方
    • 大気遠近法で霞んでいる

光の効果

    • 春をイメージ
    • 全体的に柔らかな色彩

付随要素・考慮面

  • 人物
    • 人形はラファエルだけ
  • 生物・動物
    • タロットの四聖獣において、風の象徴は人であるが、テレズマ像にはそぐわない
    • 動物は登場しないこととする

画像の全体的な雰囲気や印象

  • 雰囲気や印象
    • 季節は春
    • 色は芽吹きをイメージ
      • 黄色は魔術武器のナイフだけにしたい
      • 若草色
    • 柔らかい色彩
    • 風を感じる
    • 空や山が占める割合が大きく開放的
    • さわやか

自然要素と超自然的要素のバランス

  • 超自然はラファエルだけ
  • 人工物を避ける

特に強調したい具体的な詳細

  • 現時点では不明

避けたい要素や表現

  • 人工物
  • 原色

んで、相談の結果できたのが、以下のプロンプト。

(Ethereal elven figure of Archangel Raphael:1.4), reminiscent of Frieren from “Frieren: Beyond Journey’s End”
BREAK
(Large pair of wings:1.3) in soft, air-appropriate colors (pale blue and white:1.2)
BREAK
Raphael holding a (small yellow dagger:1.2), representing the magical weapon of Air
BREAK
(Serene expression:1.1), youthful yet ancient, Light green short hair
BREAK
(Expansive Japanese spring landscape:1.4) with (newly planted rice paddies:1.3) reflecting the sky
BREAK
(Distant, steep mountain range:1.3) softened by atmospheric perspective, creating depth
BREAK
(Soft, spring sunlight:1.2) bathing the scene in a gentle, warm glow
BREAK
(Subtle air currents:1.2) visible through the movement of Raphael’s hair and clothing
BREAK
Color palette dominated by (soft greens:1.3), (pale blues:1.2), and (gentle earth tones:1.2)
BREAK
(Open sky:1.3) occupying a large portion of the image, creating a sense of vastness
BREAK
No artificial structures or additional figures in the landscape
BREAK
Overall atmosphere of (serenity:1.2), (freshness:1.2), and (spiritual presence:1.3)
BREAK
Hyper-detailed textures in both the angelic figure and natural elements
BREAK
Composition balancing the ethereal Raphael with the grounded Japanese landscape

Negative prompt: nsfw, lowres, bad anatomy, bad hands, text, error, missing fingers, extra digit, fewer digits, cropped, worst quality, low quality, normal quality, jpeg artifacts, signature, watermark, username, blurry, artist name

何度かやり直したりしながら作成したので、これができるまで1日かかりました。

んで、それから描いたので最終的には二日かかった感じ。

まぁAIで描くとなると、ボタンを押せばぽんと出る感覚の人もいるけどそうでもないのよね。

春分儀式のメモ

確度: 80%

以下は、Markdown形式に変換し、章立てした記事です。

2024年春分の日の秋分儀式

2024年3月20日、春分の日に秋分儀式を行ったので、その報告をしたいと思います。

準備

当日までに、いくつかのサイトや書籍を参考に自分流の「監視塔儀式」を作成しました。作成したものは画像付きのPDFにまとめ、ブログで発表しました。

当日は、ほとんど練習できなかったものの、無事に儀式を実行することができました。

儀式の流れ

儀式の流れは以下の通りです。

  1. 部屋の片付け
  2. 祭壇の準備
  3. ローブ(自作)や魔術武器、エメラルドタブレットのセット
  4. 監視塔儀式
  5. 生まれなき者の儀式
  6. ガブリエルの守護
  7. 閉式
  8. 片付け

全体で約1時間を要しましたが、正直なところ、準備と片付けの方が時間を要しました。

儀式中の注意点

部屋が狭いため、ローブが色々な物に引っかかりそうで危険でした。次回は、ローブを省略するか、何か工夫が必要だと感じました。

儀式中、練習していない監視塔儀式でも上手く入り込めたのは、五芒星大儀礼に慣れていたからだと思います。

神秘体験

儀式中、いくつかの神秘体験がありました。

全体的に薄暗い空間で儀式を行っているような感覚があり、視野が変化していました。監視塔については、くっきりと視覚化することができ、レンガのディティールまで感じられました。別次元にある監視塔が、別の空間へのワープホールが開いているかのような円形の窓の中に現れ、そこからのエネルギーを感じました。また、冷熱感や音も感じられました。

天使たちは、私が設定したテレズマの姿を纏い、はっきりとした気配を感じました。

生まれなき者の儀式では、自らが創世の巨人となったような感覚で宇宙を眺めることができました。

以上が、2024年春分の日に行った秋分儀式の報告です。

監視塔儀式 式次第PDF公開

監視塔儀式 式次第公開

今年の春分儀式の一巻として監視塔儀式を行うことにしました。それで式次第のPDFを作成したので公開します。

監視塔儀式とは?

監視塔儀式は、魔術の実践において守護と保護を求めるための儀式です。この儀式では、四方を監視する塔を想像し、各方向の守護者に呼びかけます。これにより、魔術師は自身と空間をネガティブな影響から守り、儀式や魔術的な作業を安全に行うことができます。

儀式の式次第

監視塔儀式の式次第は、多くの文献で紹介されていますが、実際には文書だけでは理解しにくい部分があります。そこで、私は画像付きの式次第を作成しました。これにより、儀式の流れを視覚的に把握しやすくなります。

儀式文書の公開

私が作成した儀式の文書は、いくつかの資料を合成して作られたものです。そのため、他の儀式の文書とは若干異なる部分があります。これらの違いを認識した上で、ぜひ参考にしていただければと思います。

儀式での道具の使用

儀式で使用する道具については、必ずしも厳密に守る必要はありません。自分なりにアレンジや省略を加えて、自身に合った方法で実践してください。

儀式の式次第と文書のリンク

以下に、私が作成した監視塔儀式の式次第と文書のリンクを掲載します。この資料を通じて、春分の儀式をより深く理解し、豊かな魔術的な体験を得ることができることを願っています。


この記事が皆さんの魔術的な実践に役立つことを願っています。春分のエネルギーを最大限に活用し、充実した儀式を行ってください。

監視塔儀式のPDFとtxtをアップ

今年の春分の儀式はかなり本格的に行うことにしました。その中で、監視塔儀式を取り入れることにしました。しかし、自分のスタイルに合ったサンプルが中々見つからず。中途半端に編集するくらいなら、自分で翻訳することに決めました。

参考にしたのは、いくつかの英語サイトと、日本語サイトのAnimaMystica(https://anima-mystica.net/)です。翻訳にはChatGPT4、GoogleGemini、DeepLを駆使しました。自分の言い回しや、採用したい部分を取り上げて整える作業は大変でしたが、それなりに満足行く物になったので、苦労の甲斐がありました。

今後は、儀式の文言などをバージョンアップしていく予定です。
また、サインや図形などの図を入れたいと考えています。プリントした紙を持っていればサインなどに困ることがない物にしたいからです。これは練習の時に役立つはずです。ただ、これにはAIは使えません。
なので、私が持っているIllustratorやDesignDollと、これまで作ったコンテンツが役立つでしょう。

今回のバージョンは、テキストとPDF版を添付しますので、良かったら見てください。

パスワークと星幽体投射:ミクロコスモスとマクロコスモスの照応

ミクロコスモスとマクロコスモスの照応は、黄金の夜明け系の魔術において重要な概念です。「上は下の如く、下は上の如し」という言葉が示すように、私たちの肉体は宇宙のより大きな構造を反映しています。この照応を活用して、自らの身体にある生命の木の象徴に働きかけることで、より広範な意識の領域とつながることができます。これは、タロットなどのパスワークを通じて行われ、私たちの無意識から民族的・人類的な意識へとつながります。

パスワークと星幽体投射の目的

パスワークと星幽体投射は、単なる精神的な探求以上のものです。これらの実践は、自己認識を深め、より高い意識状態を達成し、さらには現実世界に変化をもたらすためのツールとして使用できます。

たとえば、パスワークを使用して、自分自身の内なる葛藤やブロックに対処できます。パスワークでは、タロットカードやその他のシンボルを使用して、自分の無意識を探求し、パターンやテーマを明らかにします。これにより、自己理解を深め、より調和のとれた統合された個人になることができます。

星幽体投射は、遠隔地の探索、ヒーリング、さらには他の次元とのコミュニケーションに使用できます。星幽体投射では、肉体を離れてアストラル体で旅行します。これにより、物理的な制約を超えて、より広大な現実を体験できます。

安全な実践における注意点

パスワークや星幽体投射を実践する際には、次の注意事項を考慮することが重要です。

グラウディングを重視する: 常に自分自身の身体と現実世界にしっかりとつながっていることを確認してください。これにより、他の次元からの影響を軽減できます。グラウディングを行う方法は、瞑想、ヨガ、自然の中で過ごすなど、さまざまです。
日常との混交を避ける: 投射中に経験したことを、日常生活に持ち込まないように注意してください。これにより、現実認識の混乱を防ぐことができます。投射後のグラウディングが重要です。
段階的に練習する: いきなり奥深い領域に飛び込むのではなく、段階的に練習してください。これにより、自分の能力を評価し、安全に限界を広げることができます。たとえば、最初は自分の部屋の中で星幽体投射を行うことから始め、徐々に範囲を広げていきます。
信頼できるガイドを見つける: 可能であれば、経験豊富なガイドの指導の下でパスワークや星幽体投射を実践してください。これにより、安全で効果的な方法でこれらの実践を行うことができます。

パスワークと星幽体投射における現実感

私は、パスワークや星幽体投射におけるリアリティは、受け身ではなく能動的に付与されるものだと考えています。たとえば、星幽体投射で宇宙に出た場合、事前に宇宙空間について調べ、自分の経験にその情報を組み込みます。これにより、より鮮明で現実的な体験を生み出すことができます。

また、パスワークや星幽体投射中に、自分の意図を明確にすることが重要です。何を達成したいのか、どこに旅行したいのかを明確にすることで、より強力で焦点を合わせた体験を生み出すことができます。

パスワークと星幽体投射の限界

これらの実践を進めると、自らの領域の探求から、他の次元とのつながりへと進むことができます。ただし、自らの実力を超えて奥深くまで進むことは危険です。コントロールを失い、「帰って来れない」可能性があります。自分の限界を認識し、無理をしないことが重要です。

結論

パスワークと星幽体投射は、ミクロコスモスとマクロコスモスの照応を活用して、より広範な意識の領域を探求するための強力なツールです。ただし、これらの実践を安全かつ効果的に行うためには、注意事項を遵守し、現実感の構築に重点を置くことが不可欠です。これらの実践を忍耐強く熱心に取り組むことで、自己認識を深め、より高い意識状態を達成し、現実世界に変化をもたらすことができます。

参照文献

Israel Regardie, The Golden Dawn: A Complete Course in Practical Ceremonial Magic
Dion Fortune, Applied Magic
Franz Bardon, Initiation into Hermetics
Robert Bruce, Astral Dynamics: A New Approach to Out-of-Body Experiences

春分へ向けて

春分に向けて儀式の精度を上げていってる。
日拝、プレ、五芒星小儀礼、生まれなき者の儀式。どれも精度を上げてやってみると結構頭がほわほわする。
魔術用デスクトップの壁紙。DALLE-3使えば良いのではないか。四方と中央作ってClipPaintで合成みたいな。

3Dプリンタで四聖獣そろえてみた

折角3Dプリンタ持ってるので、ぼちぼち気が向いたときに四聖獣をプリントした。

最初に印刷したのは随分前だったような……。まぁいいけどね。義務とかじゃ無いし。

それはともかく、昨日牛をプリント。イイ感じのフリー素材が無かったのでなんでか知らないけどインドのナンディーさんになった。聖なる物繋がりって事でヨシ!

あとは生命の木とかもやってみたいな。昔作った生命の木のモデルどっか無くしてプリントできないのよな……。どうしたもんか。

 

宇宙の調べ: 西洋儀式魔術と多元宇宙のアンサンブル

西洋儀式魔術の伝統、特に黄金の夜明け団の流れを汲む者として、19世紀の神秘的宇宙観と現代の宇宙学の融合は、新たな視点と知識の探求への道を開く。この探求は、古代の象徴と現代の科学の間に新しい対話を生み出し、宇宙の深遠な理解へと導く可能性を秘めている。
黄金の夜明けは当時最新の技術、電気を儀式に利用した。我らも同じ事をしてはならないという法は有るまい。本物の科学者でもない私が聞きかじりのアイディアを練る様は滑稽かもしれない。しかし一人の魔術師としてのあがきとみて頂ければ幸いである。

多元宇宙理論は、無数の宇宙が存在し、それぞれが独自の物理法則や運命を持つと提唱する。この理論は、宇宙がエネルギーの生成、隆盛、衰退、そして死のサイクルを経ることを示唆し、これらのフェーズは古代の四大元素—地、水、火、風—と対応する。それぞれの宇宙はこのサイクルの特定のフェーズにあり、それらのエネルギー状態は宇宙の物質とエネルギーの動きを定義する。

元素・四方・エネルギー
生成
隆盛
西 衰退
死・停止

多元宇宙理論の一つにエネルギー時空がある。エネルギー時空のコンセプトは、エネルギーと時空の交差点に焦点を当てる。そしてダークエネルギーやダークマターのような現代の宇宙学の問題を探求する新しい枠組みを提供する。このエネルギー時空という仮説は、宇宙のエネルギーの流れと時空の幾何学を結びつけ、魔術的な宇宙観と現代の宇宙理論を融合させる可能性を示唆する。

西洋儀式魔術の象徴的な枠組みと多元宇宙理論を組み合わせることで、新しい祈りや儀式の可能性が生まれる。四方と四大元素、そしてエネルギーの四段階のサイクルは、神秘的な宇宙観を現代の宇宙の理解と結びつける新しい道を開く。それらは祈りや意識のレベルで宇宙の深遠な真理にアクセスする手段となり得る。

さらなる探求の余地として、「上下」の概念、五芒星や六芒星の象徴的意味、そしてそれらが時空の構造や黄道十二宮、天国、生命の木とどのように関連しているのかを考察することが挙げられる。これらの象徴は、新しい宇宙観の創造と神秘的な宇宙観の再解釈を促進する可能性があり、さらなる探求を刺激する。

この交差点での探求は、古代の知識と現代の科学の間で新しい対話を生み出し、宇宙の本質についての深い洞察を提供する可能性がある。新しい宇宙観の創造は、宇宙の神秘と科学の融合を通じて、未知の領域への冒険へと私たちを誘っている。そして、この冒険は、宇宙の深遠な理解と人間の存在の真実を探求するための新しい道を開く可能性を秘めている。

我々は歩みを止めてはいけない。我々は魔術というArtを行う者なのだから。