現在のVR利用について

私は数年前から、VR空間で日拝や儀式を行っている。毎日では無い、たまに、といった所だが。

VR空間で本当に儀式が行えるのか?と疑問を持つ向きも有ると思う。少なくとも私は行えている。エネルギーの感触なども通常通りだ。
もちろん、VR空間と現実空間は色々と違う。VRで海に行っても、音も匂いも本物の海では無い。ただの自室だ。
見ている景色も現実に比べればチープなものだ。しかし、儀式を行える。
それは私が日拝や儀式を行う際に、VRの風景の向こうにある”本当の”風景を透かし視ているからだ。
風も匂いも”本物”では無くても、見ているモノがチープでも、それを触媒として本物を視る。

VR空間が現実の部屋より優れている点は没入のしやすさ。とっちらかった自室より、仮想であってもそこに望む風景が拡がっているのなら、自室より没入しやすくなるだろう。これを覆すには日常の匂いのしない儀式専用の空間を作ることだが、一般人には難しいと思う。
また、さらにVR空間の優位としては”日常あり得ない風景”を得られる所。Google Earth VRを使えば、自室に居ながら富士山の頂上にもグランドキャニオンにも行ける。自宅の上空を飛び回ることも思うがままだ。
Mitakaを使えば、太陽系を俯瞰することも、月に降り立つことも出来る。
VRchatで幻想的なWorldを旅すれば、イメージ喚起の役に立つかも知れない。

これ等の疑似体験は、その後のイメージ構築にも大きな影響を及ぼす。
だからまぁ、VR体験はお勧めだ。もちろん、お金は掛かるが。

なんとか進行中

人工天使の準創造、なんとか進行中。

ラファエルについては、定着段階で何かにつけて視覚化するようにしている。

現在作成しているのはミカエル。格好については周りを巡りながら見ても破綻しないのだが、お顔が上手く行かず。こちらも落書きすべき気がする。

進捗、微速前進

人工天使作成。ラファエルの作成を朝食後行う。

五芒星小儀礼の実行時、四大天使が外界への干渉を行い、場をバニシングする。そこでラファエルがこちらを向くようになった。彼は私の支配下に入りつつあるのか、私が作ったラファエルに置換されつつあるのか。

できればもう一度らくがきするとかしておきたい。時間を捻出しなければ。

人工天使の造形開始

昨夜から本格的に造形を開始。エレメンタマギカ巻の一P397からの項目。

この辺りあまり詳しく書くとぼろが出てたら恥ずかしいのでパスして。

ウォーターフォール型ではなくてアジャイルで行ってる。まぁそうしようとしてそうしたというよりは、なんか気がついたらそうしてた感じ。でもまぁ表の職業的にも馴染んでいるので特に問題ない。最終的には結合テストやらなんやらせにゃならんだろうけども、多分大丈夫だろう。何となくそういう気がする。

肉体?部分は3DCG用の解剖図鑑的なのがあるのでそれを参照にしながら。顔については、自分でらくがきしたものからリアル系にして。服装なんかもググりながらぼちぼちと。いや、ホント良い時代になったものである。

そのうち3DCGで像を作成して3Dプリンタで出力しようと目論んでいるのだが、いつになるやら?

 

秋分の日忘れてた

今、ラジオ聞いてて「今日は秋分の日ですね」という声が聞こえてきて、「げーーー!」と動揺する私。

ちょっとレポートとかは今から無理だしなー。
まぁなんか簡単な儀式をして、次の6ヶ月の道行きでも見て見ようか。残念ながら幾つか抱えてる仕事が有るので、それを片付けたらやってみよう。

いやいや、何ともお恥ずかしい話である。

 ぼちぼち準創造

先日一時日課を止めたのと同時に、光球の光輝化も随分してなかった。再開しても中々整わずにいたのだが、やっとイイ感じになってきたので再開。

やる時には、馬歩っぽい立ち方(うろ覚えなのできっと体制がおかしいはずなので)をしてやると比較的集中力が持つ。今朝は久々だったからか7分半で終了。足は大丈夫だったんだけど、集中力が切れちゃったので。

昨夜は「生まれなき者の儀式」を実行。文言は覚えてないので自作メモを印刷。久々に唱えるので、「野蛮の名」が上手く唱えられるか自信が無かったんだけど、比較的上手にこなせた。昔取った杵柄的な?まぁ上手く行ったのなら良かろう。

さて、こうして準備が出来たので、イラストがどうのこうのと止まってしまうことは考えず、脳内イメージでやってみる。失敗したらその時よ。

新しい苔テラリウムができた

2月くらいから作ろうと思いつつ延び延びになってた新しい苔テラリウム。8月末にやっと重い腰を上げて作り上げた。9月7日の現在、カビが出てくるというトラブル以外は順調。

前のバージョンの苔テラリウムは、開放型の容器も自分で作った。ただ、開放型で環境を維持するのは難しかったらしい。何度か手を入れてみた物の、今年頭にはさじを投げていた。

そこから延々と先延ばしにし、ようやく新しいものを作る積もりになったのが6月末だったか?今度はうちに余っていた30cmキューブを使うことにした。容積が大きくて密閉に近い状態(呼吸を保つため完全密閉は困る)を保つことが出来ると言う理由からだ。

旧バージョンを破棄し、30cmキューブを設置し、盆を過ぎた頃に苔を発注。で、ようやく作り上げたのだ。

 

当初案
気に入ってる構図

7日現在、カビが出てきてしまった以外は順調だ。カビは流木を煮沸せずに使ったのがいかんかった。まずいと思ったんだが、また作り直すのが面倒でそのままになっている。手入れのコストが高く付きすぎたら考えることにする。

で、折角作った苔テラリウム。魔術にも使いたい。前の苔テラリウムでもその風景そのものに入り込むという練習をしていたが、今回のはさらに挑戦的になっている。

私の中では、これはマルクトの神殿なのだ。ここをパスワーキングする際の基地に出来ればと思って居る。

そのために必要な手続きを考えて近々実行する積もりだ。その方法と結果についてはさすがにブログに書くのははばかれる。でもお調子者の私のことなので書くかも知れないが。

まぁともかく、新しい苔テラリウムが動き出した。ゆっくりしたペースだが、自分で組み立てた儀式を使って魔法の遊び場兼道具としてしまおう。

本日の五芒星小儀礼

日課にしている五芒星小儀礼を行った際のこと。

儀式本体の一番最初に「カバラ十字」というミニ儀礼を入れ子にする。そこで、上のケテル方面からと南のゲヴラー方面から光の柱が降りてきて、胸で交差する。私はそこにオリジナル要素を入れている。二本の柱が回転しながら噛み合い、一輪の大きな薔薇の花が咲くイメージをする。

今日は柱が降りてくるあたりから、懐かしのアニメ「ガオガイガー」のファイナルフュージョン(要は合体)を想起してしまった。おかげでBGMは無駄にカッコイイしSEは鳴るしで非常に燃えた。