チラ裏:最近の馬歩っぽい立ち方と中央の柱

例によってのチラ裏。

最近、馬歩っぽい立ち方をして中央の柱っぽいことをしてる。立ったままに何か物足りなさを感じて。馬歩は10年位前だったっけ。手ほどきを受けた。当時は痩せてて気合いも入ってたので最高30分くらいできた。平均は20分くらいだったか。

まぁそんなこんなでうろ覚えでやってる。まぁおそらく現在のはもどきにしかなってないだろう。まぁでも、膝壊してないし良かろう。10分持つようになったし。

んでまぁ、肝心の中央の柱だが。馬歩がキツいけど、なんか上手く行きつつ有る感じか。

ここんとこ、こればっかりなので、普通のと比べてみるかね。

チラ裏

今日、いくつかのトピックを追って、今更ながらに。

一つのニュース、一つの事件、一人の人の人となりを見るときに、たくさんの見方がありる。私には私の見方があり、当然それには肯定的だ。しかし、逆の視点は当たり前に存在するし、交わらないものや想定外のものもあるを

彼らには彼らの蓄積があり、それを元に彼らの視点を作っているし、作り続けている。私にとってどうこう、というのとは関係無くそれらは存在する。そうして思う時、クロウリーの、法の書の有名な一節を想起する。

「すべての男女は星である」だ。一般にこの一節には「すべての人は輝いていいんだ!あなたの中にもきっと輝くものがあるはず!」なんて話がくっついてくる。

だけど、もう少しくわしく考えてみよう。星は大抵惑星や様々なものが巡って星系を作っている。星自体が大きな重力を持っているからだ。その星と星が「真に」結びつこうとすれば、それぞれの重力で大変なことになるだろう。

星が輝き自分の世界が作られる時、私達は真に触れ合って互いを理解し合う事は難しくなるのだと。

クロウリーがそこまで考えてたかはわからんけどね。科学史でも調べたらわかるのかな?

本日の五芒星小儀礼

日課にしている五芒星小儀礼を行った際のこと。

儀式本体の一番最初に「カバラ十字」というミニ儀礼を入れ子にする。そこで、上のケテル方面からと南のゲヴラー方面から光の柱が降りてきて、胸で交差する。私はそこにオリジナル要素を入れている。二本の柱が回転しながら噛み合い、一輪の大きな薔薇の花が咲くイメージをする。

今日は柱が降りてくるあたりから、懐かしのアニメ「ガオガイガー」のファイナルフュージョン(要は合体)を想起してしまった。おかげでBGMは無駄にカッコイイしSEは鳴るしで非常に燃えた。

ワードプレスのアップデート

先日からワードプレスのアップデートが滞ってる。原因はこのサイトにFTPの設置をしてないため。大した手間じゃ無い筈なんだが面倒くさい。

しかし、あまり放っておくと、セキュリティがなぁ。このサイト自体に価値は無くても踏み台にされることを考えると早めにやったほうがいいんだが。やれやれ。

古巣に帰る

昨夜、古巣のSNSに帰還した。

先日より、昨年から遊んでいたDiscordサーバの居心地が悪くなり、活動を休止していた。そうなると雑談をする相手が居なくなり、暇になってしまった。活動の軸をTwitterに移していく物の、やはり魔術やいろんな事を話せる相手が居ないとストレスが溜まる。

そんな中ぼやいていると、古巣の友達が、「戻りませんか」と声をかけてくれた。当時思う事があり、管理業務を放り出してかなり強引に出て行った私に温かな言葉を掛けてくれた。正直嬉しかった。

そして昨夜、古巣に帰還。喜んで迎えてくれたみんなには感謝。またぼちぼちと活動していきたい。

FlowScapeのこと

さて、最近すっかりワンオラクルサイトになってるが、ちゃんと日課等はやってますよ、と。いうわけでETMです。

今年1月10日に届いたエレメンタマギカ、濃厚で楽しいのだけど、なかなか読み進まないままもう2月も終わり。

そういえば、オリジナルタロットを描くのは悪魔で止まってるなぁ。

そういえば、タットワの資料作成もあと一息という所で止まってるな。

なーんか色んな物が中途半端なので泣けてくる。

で、気を取り直してFlowScape。Steamで見つけた景観作成ツールなんだけども、かなり柔軟に物を作る事ができる。.obj形式の3Dモデルをインポートする事も可能。FlowScape自体にも色々と入ってるのだけど、建物とか人物とかで気に入ったのが無い時には「thingiverse」辺りで、適当なのを拾ってきても良い。

で、これを魔術にどう活かすのかと言えば、視覚化の補助ですな。視覚化で見ている風景をFlowScapeで描写する事で視覚化を強靱、細密化する感じで。

個人神殿にも活かせそうだよな。と、個人的に考えてるのでぼちぼちやっていこうと。今度はやり切りたいモノである。

試しに作った風景。真ん中の神殿(?)は、thingiverseからの拾いもの。

魔術剣作成の進捗3 完成

さて。前回からまた数日が経ち、今朝未明、魔術剣が完成しました。そこまでの流れを写真とともに追ってみましょう。

9月26日、グリップに溝を掘り、タン(刀身から伸びていた金の部分です)に重ねた。

そして、エポキシ系接着剤で接着し、静置する。加工が出来るようになるまでは待ちである。その時間は6時間。10時頃できたので、加工は16時以降となる。

当初、夕方には作業に掛かるつもりだったのだが、用事が入りできなかった。作業に入ったのは19時過ぎである。この写真はグリップの加工が終わった20時過ぎに撮影している。

そして、それを磨いて出来たのがこの写真。時間は26日21時頃。

27日、刀身を磨き始める

同時にグリップとつばに着色

後は、28日、29日と刀身をひたすら磨く。

 

29日20時頃から、シジルなどの書き込みを行う。後は乾くのを待ってニスを塗るだけだ。

30日1時頃。中途覚醒したついでにニスを塗る。これで魔術剣の完成となった。

魔術剣作成の進捗2

さて、前の記事から4日経ち、ぼちぼちの進捗がありました。さすがに毎日触るわけではないので、ちょっとゆっくり目の進捗ですが……。

あれから今朝までの進捗を写真で解説します。

まず23日。つばの部分に刀身と合わせるための溝を掘りました。

つばに溝を掘る

そして24日、偽の刃をつける準備。削る場所に油性マジックで黒く塗りました。

偽の刃部分を黒く塗る

んで、そのまま、万力に固定し偽の刃をつけます。

そして25日。次に刀身全体を磨いていきます。ですが、これが上手く行かない。どーも写真に撮るとまだらになってしまう。ここは素人の限界かなぁ。道具があっても腕がないので。

最後に今朝の様子。つばは無事に接着出来ました。この後は、握りに接着用の溝を掘り、接着。上手く行ったら、つばと握りの全体を綺麗に削って行きます。

それができたら魔術書通りに着色して、できあがりとなります。