ワンオラクル 吊された男 正位置

今朝のワンオラクルは吊された男、正位置。

キーワードは奉仕。犠牲を捧げる。逆さづりになるほどの辛さ。180度見方を変える。

奉仕したり、捧げる事で何かを得る。この奉仕の対象は神だったり社会全体に対するものだったりする。犠牲を捧げる場合には、身の代ではなく、自身の何かを指す。逆さまに自身を釣り、魔術を授けられたオーディンのように。
ここから、自己犠牲による報酬の獲得や視点が変わって得るものといった解釈にも変化する。

さて。本日は何かを自己犠牲として差し出す事で得るものがあるのだろう。それはあなたの時間かも知れないし、他人が嫌がる事を進んで行う事によるモノかも知れない。
一見無駄に思える行為も、誰か見ていて助けてくれるかも知れない。
面倒だったり苦痛だったりする事でも、誰かのためになるのならやってみよう。きっと何か得るものがあるはず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。